アパレル業界に対するイメージは、どのようなものでしょうか?
「毎日お洒落な洋服を着て仕事ができる」
「好きな洋服のブランドに囲まれて幸せ」
など、とくに洋服の好きな方にとっては憧れの仕事に違いありません。

そのため高校や大学などを卒業してそのままアパレル業界に就職する方はもちろん、異業種からアパレル業界への転職を希望する方もいます。

そこで一つ気になるのは「アパレル店員になるために、何か特別な資格や技能は必要あるのか?」どうか。

実はアパレル店員になるには公的な資格は特に必要ないんです。
未経験者でもすぐに挑戦できるのがこの業界の特徴なんですね。
では詳しく見ていきましょう。

アパレル業界は意欲が大事

アパレル業界のショップ店員として働くために、国家資格や特別な民間資格を取得する必要は一切ありません。
洋服を売る仕事は、医師や薬剤師、美容師のように国家資格が必要な仕事ではないのです。

もちろん「ファッション販売能力検定」や「ファッション色彩能力検定」「コミュニケーション検定」などの民間資格を持っていれば、就職・転職には有利かもしれませんね。
でもそれら資格は必須ではなく、あれば有利というレベルです。
(取得していたら有利なファッション関連資格:https://www.senkaku.or.jp/sp/fashion/index.html

高いお金を払って民間資格を取得することも大事かもしれませんが、一番重要なものは「意欲」です。
誰でもすぐに働ける業界なので、履歴書や面接で「どれだけそのブランドが好きか」「入社したらどんな事に挑戦してみたい」か、熱意やアイデアを伝える方がはるかに効果的です。

例え接客業未経験であったとしても「この人は何かをやってくれそうだ」「意欲的で好感がもてる」と思える何かがあれば採用される可能性はグッと高くなります。
アパレル業界未経験者であっても、ショップ店員を目指すことは十分可能なのです。

未経験者が有利になるケース

アパレル業界に慣れていない未経験者は一般的に「転職には不利」と思われがちです。
ところが企業の中には
「他のブランドショップの教育に一切染まっていないので、会社として教育がしやすい」
「可能性を秘めた人材であれば是非とも欲しい」
と前向きに採用を検討してくれるところも確実にあります。

つまり業界の事を何も知らないからと言って、それがそのまま不利になるわけではないんですね。
確かに考えてみれば仕事の手順や仕事の方法は入社後の教育や研修で十分カバーできますし、志望者の持って生まれた雰囲気や明るさ、笑顔は見る人が見ればきちんとわかるもの。

アパレル業界は、「アパレル店員になりたい!ファッション業界で活躍したい!」という強い意欲と熱意があれば、誰でも挑戦できる公平な世界なのです。

もともと洋服が好き、ファッション業界にとても興味がある方がアパレル店員として働いているのなら、毎日がワクワクドキドキの連続。
洋服を販売することが生活に繋がるわけですから、遣り甲斐も大きくなります。

好きを仕事にする喜び以外にも、アパレル店員にはどのような喜びや遣り甲斐がありのでしょうか?
ここではショップ店員のメリットについてまとめています。

売り上げに貢献できた時は嬉しい

アパレル店員の役割は商品(洋服)を売る事ですから、やはりお客様に買ってもらえた時は大きな喜びになります。
とくに売り上げ目標が設定されているケースでは、努力が報われて目標を達成出来た時に大きな喜びを感じるもの。

さらに馴染みのお客様が出来、特定の店員目当てにお店にやって来てくれる事も喜びの一つです。
「○○さんの薦めてくれる洋服には全然外れがない」「○○さんのセンス、とっても良いです」と特定のショップ店員目当てでお店にやって来るお客様は、店員にとって確実な見込み客であると同時に店員のファン。
遣り甲斐や喜びに繋がります。

お客様と話して自然な笑顔になれる

アパレル店員はお客様と話しをして洋服を売る仕事です。
そのためショップ店員が無愛想で話しかけにくい雰囲気では、洋服の売り上げが上がるわけがありません。
お客様と目が合えばニコッと笑い「何かお困りですか?」とにこやかに優しく接しなければなりません。

仕事だけでなく普段の生活でも「にこやかに、笑顔で」接する事が日常になるショップ店員もいて「あの人はいつも穏やかで優しい雰囲気だ」「笑顔で接してくれるから嬉しい」と、周囲の人たちや友人・知人からの評判が良くなったという体験談もあります。
顧客相手の仕事なので、笑顔は基本中の基本ですね。

アパレル勤務は平日が休みになる

アパレルの仕事で良かったと思える事の一つに「平日が休み」とあげる方も大勢います。
こちらの求人一覧を見てみると分かりますが、アパレル店はほとんど年中無休のお店も少なくありません。
土日など週末や連休中は大事な書き入れ時なので、とても休んではいられないのです。

土日や祝日が休めないのがアパレル店員の泣き所で、家族や友人と休みが合わず一緒に遊びに行けないというデメリットがありますが、反面平日に休める事がメリットに。
人気のある観光地やショッピングセンターなどは週末や連休になると人・人・人でごった返します。

ところが平日は嘘のように人が少なく、観光しやすいものです。
平日が休みになるショップ店員は「週末や連休に比べて人の少ないテーマパークや観光地で思う存分遊べる」というメリットがあります。