一見華やかで美しく見えるアパレル業界。
そんなアパレル業界で働くアパレル店員は、毎日楽しく幸せに仕事をしているように見えてしまいます。
ところが仕事が単純に楽しい・嬉しいと言える事ばかりでもないようです。
アパレル店員である事のデメリットや悩みについてまとめてみました。

立ち仕事なので体力的にツラい

これはアパレル業界だけに限った話しではありませんが、ショップ店員はほとんどが立ち仕事で体力的にキツいのが大きなデメリットです。
立ち仕事だけではなく、洋服の詰まった重い段ボールを出し入れしたり運搬するなど力仕事も多く、見た目以上に体力が必要な仕事になります。

特に大手ファストファッションブランドでは商品数がかなり多く、セレクトショップの数倍の商品を展示したり入れ替え、移動させる仕事が負担に。
商品の品出しや移動などの負担が少ないお店を選ぶなら、小規模なセレクトショップを選択する方が無難です。

社割が効くにしても洋服代がかさむ

アパレルショップの店員は正社員でも年収約250万円前後。
正直、お給料が安いのが実状で、ゆとりある生活ができないのも事実です。

経済的にかなり厳しいアパレル店員にとって頭が痛いのが洋服代。
勤務中は自社ブランドの洋服を着て仕事をするのが一般的ですが、その洋服をすべて無償で貸してくれるお店だけではありません。

自分で勤務用の洋服を買い、その洋服を着て接客しているケースも多々あります。
社員やパートであれば社割が効くため定価よりもかなり安く洋服を購入できますが、毎月の洋服代も1万円、2万円とかさんでしまうと大打撃。
給料が安いうえに必要経費が高くつくと生活苦に陥り、休みの日に他のお店や業種でバイトをして何とか生活している方もいるようです。

華やかで綺麗なアパレル業界ですが、必ずしも楽な面ばかりではないのです。

お店のノルマがキツい

販売業やサービス業の場合、必ずと言ってよいほど販売ノルマが課せられます。
「今月は売上一人20万円達成してください」と言われれば、何が何でも売上目標を達成しなければなりません。

もし目標がクリアできないと店長から叱られたりボーナス査定に響くなど、かなりツラい状況になります。
それを避けるために(ノルマ達成のために)自分で商品を買い込むケースも。

ただでさえ給与が安いアパレル業界なのに、ノルマ達成のために商品を自腹で購入するのはさらに店員を経済的に追い詰めます。
ノルマを強いられるのが嫌な場合は販売ノルマや個人売りのないお店に転職するか、思い切って別の業界に転職する以外に道はありません。